乳糖不耐症にゅとうふたいしょう
 牛乳を飲むとおなかがゴロゴロする人や、冷たい牛乳に限って下痢をするという人など、これらの症状を総称して、乳糖不耐症と呼んでいます。これは小腸内でラクターゼ(乳糖分解酵素)が十分に作られないために、牛乳に含まれる乳糖を消化できないことによります。
 古くから牛乳をたくさん飲む習慣があったヨーロッパやアメリカの人たちに比べて、日本人には多く見られ、10〜20%の人がこの乳糖不耐症だといわれています。
 乳糖不耐症にならないためには、小さいときから牛乳を飲む習慣をつけるのが最もよい方法です。しかし、それが無理な場合は、牛乳を温めて飲むことをおすすめします。温めることができない場合は、口の中で温めるようにゆっくり飲むとかなり効果があるようです。 それでもおなかがゴロゴロするという人は、ヨーグルトやチーズをおすすめします。これらの乳製品は、乳糖の一部が分解されているので、牛乳より負担が軽く、症状を起こしにくいのです。 また、牛乳をラクターゼ処理により乳糖を分解したものも市販されています。