骨密度こつみつど
 骨密度とはカルシウムなどでつくられる骨の内部密度のことです。
骨粗こつそしょう症は、骨密度が少なくなって一部でスカスカの状態が見られる骨の病気です。この骨密度は年齢とともに減少する傾向にありますので、病院で定期的な骨密度測定をすることで自分の骨の状態を把握することが大切です。
 また、骨粗しょう症を予防するためにも、毎日の食事の中でカルシウムを豊富に含んだ食品の摂取せっしゅが大切です。
 その中でもカルシウム吸収率が高い牛乳を毎日飲んで、骨粗しょう症を予防しましょう。