骨粗こつそしょうしょう
 骨粗しょう症は、骨の密度が少なくなって自分のからだも支えにくくなる骨の病気です。人間の骨は10歳くらいから20歳くらいまで急激に成長し、骨量が最大に達します。その後、骨量は減りはじめますが、その減り方は男性より女性のほうが早く、特に閉経後の女性に急激な減少が見られます。
 骨粗しょう症は、まず背骨に起こります。弱くなった背骨を支えるために筋力が要求されて起こる疲労感が背中から腰にかけて、だるさや重苦しさとして現れ、腰骨痛を起こします。やがて背中や腰が曲がり、身長も短くなるなど外見からもはっきりわかるようになります。
 骨粗しょう症を予防するためには、毎日の食事の中でカルシウムを豊富に含んだ食品の摂取が大切です。
 牛乳は、カルシウムを多く含む食品の中でも吸収率が高く、手軽に摂取できるので、毎日飲んで骨粗しょう症を予防しましょう。