カゼイン
 カゼインとは、牛乳に含まれるたんぱく質の一種です。カゼイン粒子りゅうしの大きさは、直径数ミリミクロン〜300ミリミクロン(1ミリミクロン=百万分の1ミリ)と言われ、コロイド状に分散しています。カゼインは、栄養上の重要なアミノ酸を全て持ったたんぱく質で、体内で分解されるとカルシウムの吸収を促進させたり、さまざまな活性成分を生成します。
 その結果として、腸の運動を活発にしたり、消化機能を安定化させたり、免疫力めんえきりょくを強化したり、血圧上昇を抑えるなどの効果があると言われています。