成分無調整牛乳せいぶんむちょうせいぎゅうにゅう
 「牛乳」の脂肪分などを調整していないものを「成分無調整牛乳」といいます。
乳牛から搾ったままの生乳は、乳牛の種類やエサ、地域や季節などにより成分が変動することがあります。また、夏より冬の方が脂肪分や無脂乳固形分むしにゅうこけいぶんが高くなる傾向があります。
 近年では、消費者の自然志向の高まりで「成分無調整」と銘打った商品が目に付きますが、この表示は法的なものではなく、商品の特徴を表したものです。実際には表示されていなくても「無調整」のものが多くあります。