自動給餌装置じどうきゅうじそうち
 ある設定時刻になったときに、自動的に牛にエサを与えるための機械のことです。 写真の自動給餌機こうびは、ビートやとうもろこし、大豆などの濃厚飼料のうこうしりょうとヘイキューブやサイレージなどの粗飼料そしりょうを入れると自動的にカットし、混ぜ合わせ、牛舎の通路を移動しながらエサをまいていくものです。
 このようにすることで牛はエサを選り好みができずバランスよく摂取し、また作業する酪農家も、何回にも分けてエサを与えることがなくなるため、作業の軽減化が図れます。