バルククーラー
 牛から搾られたお乳は、牛の体温に近い温度(30数℃)になっています。もしもそのままにしておくと、細菌が増えて、乳質が急激に悪くなってしまいます。特に暑さが続く夏の季節などは十分に注意しています。搾ったら、なるべく早く低い温度(約4℃)に冷やします。そこで活躍するのがクーラーなのです。
 現在、もっとも普及しているのがバルククーラーと呼ばれるもので、ステンレスのタンクと冷却機からできています。このバルククーラーが、搾った乳を急速に冷やして乳質が悪くなるのを守っています。
 ちなみに、バルククーラーにはステンレスタンクの底や底側面に密着して設置された冷却器によって冷却するタイプと、冷却器によってあらかじめ作られた氷を利用して冷やすタイプがあります。 欧米ではこのバルククーラーの冷却能力に規格を定めていて、日本でもこの基準を参考にしています。