にゅう
 誕生してから離乳するまでの子牛を、ほ乳牛またはほ育牛と呼んでいます。この間、子牛にとって最も重要な栄養源で病原菌に対する免疫抗体めんえきこうたいを含む初乳をはじめ、液状飼料(全乳や代用乳)が与えられることになります。全乳は母牛のお乳そのもので、代用乳は子牛の栄養摂取を考えてつくられた飼料のことをいいます。ちなみに、初乳とは分娩後約1週間以内のお乳のことです。
 ほ乳の方法には、大きく分けて自然ほ乳と人工ほ乳があります。自然ほ乳は、自然の状態で母牛が母乳を子牛に授乳することです。人間と同じように母牛の乳首を子牛が直接口に含んで、たくさんの栄養をもらいますが、一般的なのは、液状飼料をほ乳器で与える人工ほ乳です。
 ほ乳器には、バケツ、バケツにゴム製のほ乳口(乳首)を取り付けたもの、プラスチック製のほ乳ビンにゴム製の乳首をつけたものなどがあります。
 子牛は、一度ほ乳になれると、それ以外の方法に変えることがむずかしいので、最初からバケツでほ乳させる方法を取ることがあります。バケツほ乳は、なれるまで手間取ることが多いのですが、器具の洗浄が簡単で、汚染による危険性が少ないというメリットがあります。
 ほ乳で気をつけることは、清潔な器具を使うこと、いつも決まった時間に一定の温度(約40℃)の液状飼料を与えることなどです。このほか、水と塩は子牛が自由に摂取できる環境にしてあげることも大切なポイントです。