前搾まえしぼ
 搾乳でミルカーのティートカップを乳頭に装着する前に、手搾りで3〜4搾りすることを前搾りといいます。
この前搾りには次のような効用があります。

1.異常乳を早期発見する
  前搾り乳の中の乳塊(ブツ)を見つけることは乳房炎の早期発見に有効で、この時点で分房の異常がわかれば他分房の
 正常乳と混ぜ合わせることを未然に防止できます。
2.汚染乳を取りのぞく
  最初に搾り出される乳は乳頭孔にゅうとうこう付近に溜まっていた乳で、その後に搾り出されてくる乳とくらべて細菌数が多いのでこれを
 取りのぞきます。
3.乳の通りを良くし射乳反応をよくする
  搾乳前の乳頭尖端部せんたんぶはケラチン質におおわれていて乳が通りにくくなっているので、ティートカップを装着する前に手搾りで
 これを除いて乳を通りやすくします。
  さらに、手で乳頭を触り刺激することでお乳がでやすくなる効果もあります。このように前搾りは欠くことのできない重要な
 手順のひとつです。