搾乳さくにゅう
 乳搾りは1日に朝夕の2回(※3回行っているところもあります)行い 、1頭当たりの搾乳量は、年間平均で6,000〜7,000kg、多い牛では、年間20,000kgにもなります。1日平均にすると約50kg!これは、牛の能力がバイオテクノロジーなどの技術によって飛躍的に向上したためです。しかも、以前のように一戸当たりの飼育する牛の頭数が2〜3頭ならまだしも、現在では50頭以上の乳牛を飼育する酪農家が増え、とても1頭1頭丹念に手で搾れる量ではありません。このように一度にたくさん搾る必要性が高まったため、 搾乳には搾乳機(ミルカー)、施設としては専用搾乳室(ミルキングパーラー)が普及してきました。
 牛を放し飼いする場合、搾乳の時間になると牛は自分でミルキングパーラーへ入ってきます。そして、酪農家が乳頭をきれいに消毒してミルカーを装着します。乳が出終わったら牛は外へ出ます。 一方、日本で飼われている牛の多くは繋ぎ飼い式です。つまり普段牛のいる場所が乳搾りの場所になっています。この場合は、パイプラインミルカーという機械が使われ、農家の人が1頭ずつ移動して乳搾りが行われます。
 また、最近では、ロボットによる完全自動の搾乳システムも登場しています。