ヘイキューブ
  ヘイキューブは、乾草の一種です。乾草とは、乳牛の飼料となる牧草を乾燥させたもので、その中でもキューブやペレットと呼ばれている種類は成形せいけい乾草といわれ、細切りした牧草を成形したものです。
 これらの成形乾草は、牧草の収穫から貯蔵、そして牛に飼料として与えるまでの機械化を目的として作られるようになりました。 ヘイキューブとして作られる牧草は、約80%以上がアルファルファです。強制乾燥という方法で作られていますが、これは加熱した風などをあてて、乾燥させるという方法で、乾燥の過程で、ビタミンやカロチンなどの栄養素がこわれるのを防ぐことができるというメリットがあります。
 ちなみに、牧草を乾燥させることは、保存性を高めると同時に、牛のだ液の分泌を高めたり、胃の中で微生物の働きをサポートするなど、乳牛の健康維持にたいへん役立っています。