アルファルファ
 アメリカではアルファルファ、ヨーロッパではルーサンと呼ばれます。 古くからペルシャ地方で飼料とされていました。日本には江戸時代末期に伝わりましたが、牧草としての栽培は明治以降で、主に北海道で定着しました。マメ科の多年草たねんそうで、葉は3枚の小葉からなり、草丈は1m程になります。芽生えたばかりのものを、私たちは「アルファルファもやし」と呼び、サラダやおひたしにして食べますが、牛たちが食べる牧草とされるのは茎葉部です。

品種と特性
  「紫花種」は、和名ムラサキウマゴヤシ。紫色の花をつけ、温暖地向き。ナツワカバはこの品種で 非休眠型ひきゅうみんがたと呼ばれ、刈り取り後の再生も早いので、多回刈り利用に適します。「黄花種」は、黄色の花をつけ、寒さに強く北海道向き。キタワカバがこの品種。 いづれも、直根が数mの深さまで伸び、乾燥に強く、日当たりと水はけの良い土地を 好みます。

アルファルファ乾草
 紀元前、ペルシャに攻め込んだアレキサンダー大王の軍隊が、軍馬用のエサとして持ち歩いた、 というほど古くから使われてきた 乾草です。北米、カナダからの輸入品も多く、もっとも栄養価値の高い乾草です。