牛群検定ぎゅうぐんけんてい
 牛群検定とは、検定参加農家が飼養している経産牛けいさんぎゅうの全頭について、日々発生している極めて多くのデータの中から乳量、乳成分、体細胞数、飼料給与状況、飼料単価、乳価、繁殖記録等といったデータを毎月1回、検定員の立会のもとに牛個体ごとに記録し、これらを集計・分析して「検定成績表」として農家に情報を戻しています。
 検定成績を受け取った酪農家は、飼料給与の改善、搾乳衛生管理、繁殖管理、遺伝的改良といった生産全般にわたるチェックを行い、経営改善に役立てています。
 また、優れたオス牛の選抜確保せんばつかくほ及び種雄牛しゅゆうぎゅう後代検定こうだいけんていを推進するもので、乳用牛改良の基盤事業となっています。