口蹄疫こうていえき
 口蹄疫は、ひづめが2本や4本の偶数ぐうすうの動物(牛、豚、羊、山羊など)に感染するウイルス性の伝染病でんせんびょうです。人に感染することはなく、仮に感染した動物の乳肉を食べても人の健康に影響はありません。しかし、伝染力が強く畜産業に与える影響が大きいことから、関係者が大きな関心をもたなければならない家畜伝染病のひとつとされています。
 一般的には、感染すると発熱、元気がなくなるなどの症状がみられるとともに、舌などの口の中、ひづめの付け根、乳頭に水胞すいほうができ、食欲不振や足をひきずるなどの症状を示します。
 口蹄疫のウイルスの性質は多様で、家畜の種類や品種により症状や伝染力がことなるケースもあります。