平成30年度 スキルアップ研修会(札幌会場)
ーワークショップー(抜粋)
きき合うことで見えてくる私が伝えたい本当のオ・モ・イ
〜あなたはどのくらいきくことができていますか〜

立野 美香氏
イナ・アソシエーション 代表


 イナ・アソシエーションの立野美香さんを講師に迎え、ワークショップを行いました。
「きく」ことをテーマに、参加者同士がコミュミケーションを取りながら、相手の話を大事に「きく」ことの大切さを学びました。
きちんと話をきけていますか?
 私は幼稚園で5年働いた後、フリーランスで仕事をしていて、企業のコンサルタントやカウンセリングなどをしています。また、学級崩壊のある学校の建て直しをしたり、コンセプト作りをしたりもしました。
 今は昔と違って、学級崩壊の形も変わってきています。問題が表面化しないのです。
そういうクラスへ行き、「話をするから前に来て」というと、子どもたちはどんな行動をすると思いますか?まず、周りを見ます。なぜかというと、みんなと違う行動をしたくない、周りに合わせたいからです。人に合わせようとすることを「客体的」といいます。その逆は「主体的」です。
 今の子どもたちは、こうやったら大人が喜ぶと思って行動することも多いです。牧場に来るときに事前に質問を用意していることが多いと思いますが、本当にうれしいのは体験後の生の言葉なのではないでしょうか。今日はそんな言葉がきけるような、きき方が見つけられたら良いと思います。
きくことは得意ですか?
 会話はキャッチボールです。お互いに笑顔で声を掛け合うとキャッチボールはうまくいきます。いいかげんに投げるとうまくいきません。投げたボールを相手が受け取ってくれなと会話は成立しません。受け取ってもらえないと投げることすらやめてしまいます。自分が傷つきたくないからです。
大事に話をきいてくれる人がいたら、人との関係、人を信頼する力、自分の生き方に影響するのではないかと思います。それくらい大事なことだと思います。
みなさんは酪農教育ファーム活動をする中で、「伝える」ことはやっていると思いますが、今日は「相手に主体を置くことを意識して『きく』」ということをやってみて欲しいと思います。
 「相手に主体を置く」ということは、主語は「あなた」です。相手が主役であることを常に意識する練習です。
 工夫やポイントは伝えますが、私は「教え」ません。体験して、皆さん自身が気づき感じたことのひとつひとつが学びになります。たくさんコミュニケーションを取り、振り返り、気づき、次に活かす。今日はその繰り返しをしたいと思っています。
3つの「きく」
聞く=Hear(聞こえている、聞き流す)
聴く=Listen(相手に心を寄せて聴く)
訊く=Ask(尋ねる)
 今回は、「聴く」をメインに、意識して聴くこと、相手に心を寄せて聴くことを意識してみてください。
「きく」ことを意識してたくさん話をきこう!
子どもと関っていて、困った質問やよくされる質問はありますか?
■牛のおっぱいの形や大きさはなぜみんな違うの?
■牛はなぜ白と黒なの?
■牛はなぜ「モー」と鳴くのですか?
■臭い!
 どうやって答えていますか?あっさり一言で答えることが多いでしょうか?
子どもたちは、なぜこの質問をしたのかを考えるため、「大人(酪農家)役」と「子ども役」になってペアワークをしたいと思います。
ロールプレイ(役割演技)
 ペアになり「大人(酪農家)」「子ども」役を決め、子ども役は大人役に質問しながらコミュミケーションを取っていきます。
 子ども役の人は、年齢や性別など設定を決めてください。設定を決めることで、子どもたちの気持ちを感じることができると思います。また大人(酪農家)役の方から、自分が苦手だなと思う年齢等を指定しても良いと思います。
 交代でどちらの役もやり、最後に振り返りをしていきます。
 自分が聞き手(大人)、話し手(子ども)をしていた時に、相手がどんな反応していたか、困ったところや難しかったと感じたところを書き出し、相手とシェアします。良いことばかりではなく、困った、話したくなくなったなど、嫌だった部分もフィードバックしてあげてください。
 これが重要なことで、1番の学びになります。
 子ども役と大人役ではどちらの方が多く話していましたか?大人役の方が多く話しているのは、質問に対してただ答えようとしているからです。主体は相手に置くので、本来なら子どもの役が多く話しているはずです。


意識するポイント
■主体を相手に
 「○○くんは…」「○○ちゃんは…」と付ける。
■興味関心を持つ
 「うんうん」「それで?」などレスポンスをきちんと返す。
 少し大げさなくらいが良いです。
■確認をする
 「それはこういうことでいいのかな?」と質問を確認する。
「私は明日から○○な場面の時、○○します!」
 今日学んだことで、「明日からこんなことやってみよう」と思ったことを宣言。
 出来るか、出来ないかではなく意識してやってみるということが大事です。今日学んだこと、気が付いたことで明日からやってみようと思ったことを言語化します。自分なりのことで良いのです。
 今日やったことは難しかったと思いますし、よくわからないこともあったかもしれませんが、相手に主体を置くことを少し感じてもらえたのではないかと思います。明日からできることがあれば試してみてください。
イナ・アソシエーション 代表
立野 美香氏


大阪生まれ。モットーは、「一人一人がありのままで輝き在る中、共に育ち合うおもろい場をおもろく創造していく!」
 幼稚園に務めた後、フリーでイベントやワークショップ、チームビルディング研修、子育て講座、養成講座などの企画運営、プロデュース、ファシリテーターなどを行う。その後、全国の教育現場や企業で職員研修や人権教育、人間関係トレーニングなどを主な活動とする「マザーアース・エデュケーション」と出会い、スタッフとしてファシリテーターやカウンセラーとして関わる中、自己肯定感の育みの必要性を感じると共に、「教える」「教わる」という関係ではなく、共に育ち合う「共育」の場や存在そのものを認め合える場を創りはじめる。
 平成26年10月に独立し、「イナ・アソシエーション」を設立。「場づくりのプロ」として、イベントアドバイザーや企業コンサルティング、個人カウンセリングも行う。
 平成27年度より酪農教育ファーム研修会の講師を務める。
(C) Japan Dairy Council All right reserved.