DAIRY JAPAN 2016年11月号


雑誌

酪農家と乳牛の温かさで子ども達は変わる

東京都の多摩西部に位置する青梅市立第六小学校の4 年生を受け持つ森保友希先生は、
学生時代に酪農教育ファームについて研究を行なったことで、
酪農と酪農教育ファーム活動に情熱を傾けるようになった。
これまでの研究や日頃の学校生活を通じて、酪農教育ファームが持つ力を
どのように感じているのか、また魅力はどこにあるのかを聞いた。

 
このコーナーに対するご意見ご要望をおよせください。
電子メールでご意見をお寄せいただく場合は、
件名を「2016.11月 DAIRY JAPAN」としてください。
 
(C) 2013 Japan Dairy Council All right reserved.