市乳しにゅう
 市乳とは、飲用を目的として販売される牛乳類のことです。具体的には牛乳や加工乳のことですが、乳飲料を含めていわれることもあります。企業や本の文中では「市乳工場」、「市乳部門」、「市乳業界」などの言葉も使われています。
 酪農家が搾乳した生乳は、タンクローリー車で市乳をつくる工場に運ばれ、乳成分や細菌数の検査をうけ、ホモゲナイザーで脂肪球が均質化されます。その後、加熱・殺菌され、紙容器などに充填じゅうてんされ、市乳ができあがります。
 こうしてできた市乳は、一番消費者の多いスーパー(市乳の約70%)をはじめ、市乳小売業者などに配達され、消費者のところに届きます。