関東の酪農乳業関東生乳販連とは教育ファーム活動速報豆知識リンク
生乳と牛乳
生乳(せいにゅう)は、乳牛から搾ったままの何も手を加えない乳のことをいいます。生乳をそのままで販売することは食品衛生法でできないことになっています。許可を受けた工場で、細菌や抗生物質の検査を受け、加熱殺菌したものを瓶や容器にパックしてはじめて「牛乳」として消費者の皆さまのところに届けられるのです。

一般に牛乳と呼ばれているものには、種類別「牛乳」「成分調整牛乳」「低脂肪牛乳」「無脂肪牛乳」「加工乳」「乳飲料」に分類され、容器の一括表示欄に表示するよう定められています。種類別「牛乳」は、成分無調整で生乳以外のものを混ぜることは一切禁止されており、水一滴加えることもできません。たとえば脱脂乳などの乳製品を加えて脂肪を抑えたり、クリームや濃縮乳を加えて乳成分を濃くするなどした場合は、種類別「加工乳」ということになります。
また、商品名で「牛乳」と名乗ることができるのは、現在では乳脂肪分3.0%以上、無脂乳固形分8.0%以上の種類別「牛乳」「加工乳」「乳飲料」です。この成分規格を満たさない限り、昔なつかしい「コーヒー牛乳」や「いちご牛乳」「フルーツ牛乳」と容器に商品表示することはできません。これらは乳固形分3.0%以上であれば、種類別「乳飲料」に分類されます。

ホームサイト利用規約プライバシーポリシー
関東生乳販連に関するお問い合わせは、こちらからお願いいたします。